名前だけだとあまりピンと来ないすべり症とは

骨と骨はよくつながっていられるなと思うことがあるかもしれません。実は骨もズレることがあります。ケガでは脱臼などが一般的ですが、これが脊柱で起こった場合、すべり症と呼ばれるようになります。

背骨の一部である腰椎

第1腰椎から第5腰椎まであります。通常は正面から見ても横から見てもきれいに並んでいます。その腰椎が何らかの要因でズレてしまうとすべり症を発症します。また、椎弓で骨の連続性が途切れてしまい、椎体と椎弓が離れ離れになってしまった状態を腰椎分離症と言います。
老化や事故、腰椎分離症などによって腰椎がすべり、近くにある馬尾神経などを圧迫すると、痛みが起こります。また、変性すべり症は中高年が多いですが、幅広い世代に多い症状です。腰椎すべり症が起こると、痛みだけでなく足にしびれが出る場合もあります。それに加えて、一定の姿勢を保つこともつらくなってきます。このように、すべり症の症状はさまざまですが、初期は腰痛なのです。
脊柱管狭窄による馬尾神経の圧迫が原因の下肢痛やしびれなどには、馬尾神経への血流を促す末梢循環改善薬が処方されます。腰椎の分離も伴っていると高度なすべりに進行し、神経症状を発症してしまう可能性が高いようです。

腰のしびれ・痛みでお困りの方は

こころ整骨院 十条院
東京都北区十条仲原1-24-11
03-3907-3377
https://juujou.takadanobaba-seitai.com

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です